weblogs アーカイブ

< 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All pages>

2007年10月29日

青葉の森の秋

28日は千葉の「青葉の森公園」に行ってきました.前日は台風でものすごい天候でしたが,28日はうってかわって,台風一過とはまさにこのことかというくらいの快晴でしたね.歩き回るには暑いくらいでした.

普段はあまり動き回ることもなくなってきましたが,たまにはこういう広い公園を散歩するのもいいものです.誰かと一緒に語らいながら歩くもよし,はらっぱでスポーツをするもよし,ちびっこに混じってアスレチックをするもよし(?),木々の中に入って思索にふけるもよし,いろいろ楽しみ方がありますよね.


写真の一枚目は入り口からしばらく歩いたところにある広場.人がそこそこ少なくて快適でした.ついたのが昼過ぎくらいで日が高かったので木陰に座ってしばらく,こどもそっちのけでバドミントンに本気になるお父さんとお母さん,ぜんぜんシャトルを打ち返せなくて機嫌の悪い少年,早く走り回りたくて飼い主を引っ張るダックスフントなどを見ていました.

2枚目と3枚目は入り口の近くにある噴水の周りを飾っていたコスモス.前日の台風にやられたのかだいぶ傾いていましたが,薄いピンクがとても綺麗で印象的でした.

4枚目は生態園の中にあったムラサキシキブという植物の実.写真がへたっぴで色がなんだかよくわかりませんが,濃い紫色で小さくカワイらしい実がたくさんついていました.生態園の中は木々がよく茂っていて涼しく,道も落ち葉でいっぱい.歩くと少しふかふかしていて気持ちよかったです.

jump to pagetop

2007年10月16日

プラネタリウムの思い出

世界最多の1000万個の星を投影できるプラネタリウムが千葉市中央区の官民複合施設「きぼーる」内に完成、20日のオープンを前に16日、完成記念式典が行われた。
施設の目玉となる千葉市科学館に併設されたプラネタリウムは最新の技術を導入、従来のプラネタリウムでは投影が困難だった天の川の暗黒星雲のような暗い星もリアルに再現できるという。

(NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース-内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで より引用)

stars数日前に友人から話をきいていて,いつできるのかなぁといろいろ探していたら見つけましたよ.実際に外に出て,首が痛くなるまで空を見上げたり,寝っ転がってぼーっと空を見上げたりしている方が本当は好きなのですけれど,都市部に住んでいるとなかなかそういう訳にもいかないですからね.たまには椅子にゆったりと座って,いろんな解説を聞きながらプラネタリウムで星を見るというのもいいものです.

プラネタリウムというと小さい頃,地元の児童科学館(だったかな)にあったそれに行ったのが最初だったかな.叔母がそこで働いていたので,少しズルをしていろいろ見せてもらっていたような記憶があります.数百年先の夜空は星の配置が違っていたり,色も変わっていたり,不思議でたまらなかったのを思い出します.まぁ,今ではほとんどの内容を忘れてしまったのですけれどね:-p

でも,子供には少し大きめの赤茶色の椅子に座り,照明がだんだん落ちていって全部が暗闇に溶けた後,円い天井に星がフワーっと浮かび上がっていくあの時の光景は今でも鮮明に覚えています.

jump to pagetop

2007年10月14日

月にサッカー場を作ろう

Ring of Love13日は友達の結婚式で霞ヶ関まで.日比谷公園の向かいにあるレストランで,ビルの最上階なので眺めも良く,出て来る料理はすべて美味しく,お酒も美味しいところ.

学部のころからお世話になった2人でしたから,私にとっても,とても嬉しい結婚でした.式は心のこもったもてなしでとても楽しく過ごせました.2次会でのゲームとパフォーマンスもとっても面白かったですよー.この場を借りて御礼申し上げます.

エントリのタイトルはなんなのかというとですね.新婦がですね,買ったらしいんです,2エーカーほど月の土地を.サッカー場をつくるらしいです.披露宴の最後の最後で明かされた重大発表だったわけですが,会場の全員,えらく驚いていました(まぁ当然ですな).月に行けるようになったら是非整備を手伝って一緒にサッカーをしたいものです(楽しみにしてるので交ぜてね:-)

あと新郎によると,5世代くらい経つと地球に対して反乱を起こすかもしれないとのことなので,私の子孫が生き残っていたら手伝わせたいと思います.コロニー落とすのか?!落とすのか?!(わかる人だけわかりましょう).

最後になりますが.2人の末永い幸せを心から願って.本当におめでとう!

jump to pagetop

2007年10月 3日

インターネットラジオとLast.fm

曲の合間に流れる広告で「フィ〜バ〜,バイアグラっ」を連呼するのはどうかと思います.

helix bansheeのスクリーンショットというわけで最近,家で作業をしている間インターネットラジオ(IR)を流しています.大体クラシックチャンネルなんですけれども,スポンサーがきっと製薬会社かなにかなんでしょう.英語で捲し立てているので全部はよく聞き取れないのですが,最初に書いたような感じで,歌いながら連呼してるんですよねー.直前にどんな曲が流れていようがお構いなしなのでもう少し考えたらいいのになぁと思いながら聴いています.

あー,別にその話をしようと思ったわけではなくて.

自分の持ってるCDの中のお気に入りをかけながらというのもいいんですが,ランダムに(あるいは放送している人の好みで)流れてくる音楽を聴いているのもなかなか楽しいものです.Last.fmも面白そうだなと思って一時期参加していたことがありました.ただ結局どんな曲なのかがわからないのでやめてしまいました.Last.fmは自分がこんな曲を聴いてるよ!とか,こんな曲を聴いている人がいるんだ!という風に,能動的に情報を発信してみんなで共有するところに主眼があるシステム,つまり人に焦点を当てたシステムな(んじゃないかと思う)ので,私のように音楽だけ流れてればいいや,ということになると物足りないというか,目的が達成できないので意味がないわけです.もちろんIRにない楽しさはありますが.

IRだと流れてくる音楽をただ聴いているだけなので受動的にはなってしまうものの,それでも,こんな曲もあるんだという新鮮な驚きもあれば,思わず手を止めて聴き入ってしまうような(ほんとはそれだとまずいんですけど)素敵な曲が流れることもあるし,それからときどき自分の好きな曲が流れてきたりして,あとへんてこな広告も聴けたりしますからね.なかなか得がたい経験ができるのではなかろうかと思っています.

続きを読む "インターネットラジオとLast.fm" »

jump to pagetop

2007年9月 8日

台風一過

ひさしぶりの関東直撃台風でしたが,ここを御覧のみなさまにおかれましては,少なからず台風被害にあわれた方もいらっしゃるかもしれませんね.大きな怪我などされていないとよいのですが.

さて,我が家では風で倒された自転車の後輪が歪む(走るとグラグラします),歪んでいて鍵のかからないトイレの窓から雨が吹き込んでびしょびしょ(トイレットペーパーが全滅),奥の部屋が雨漏り(天井がゴワゴワです),などなどの被害がありました.どれも中途半端にイヤらしい被害だと思います.ぐぬぬ.しかも体調を崩して寝込んでいたせいでたいした対策もとれず.一番ショックだったのは雨漏り.寝てたらぴちょんぴちょんという音とともに冷たいものが顔にはねてきて起きざるを得ませんでした.まだ熱さがってなかったのに.今まではなんともなかったのですが,かなり強い台風でしたから綻びのあったところに一気にきたんでしょうねぇ.近く大工さんが修理にきてくれるそうですが,上の階からやる必要があるらしく,予定を調整しないといけないとのことでした.その間に雨が降らないといいなぁと心から思います(-人-)

この土日は部屋の片付けが大変そうです.がんばるぞう.

jump to pagetop

2007年9月 4日

私のちいさなピアニスト

ピアニストへの夢を才能のある教え子に托して叶えようとする女性と,見出された男の子,そして二人をとりまくいろんな人々とが織りなす温かいのだけれどとても切ないお話.

登場人物のほとんどが何かしら屈折したものを抱えている(ような気がする)のですよ,このお話.最初のうち,ヒロインは男の子を自分の夢を叶えてくれる手段だと思っていて,男の子はとても愛情に飢えていてヒロインに亡くなった母親を重ねているのだけれどうまく表現できなくて,男の子のおばあちゃんはとっても屈折したほとんど虐待にみえてしまうくらいの愛情表現しかできなくて.そんな中,ピザ屋のお兄ちゃんが良い味出してたなぁと思います.めげない,へこたれない,いじけない,そして相手とまっすぐに向き合える人でした.そういう彼を通して屈折の根っこが見えていく描写がたくさんあって,そのときの彼は実に素敵なお兄ちゃんだったし,それがあって良い映画にもなっていたんだろうなと思いました.

「わはは」と笑えるところもちょいちょいありつつ,でも泣かせどころ満載で,登場するピアノの調律が素敵だったり弦楽カルテットのハーモニーがなんとも言えない感じだったりしたことを除けば,とてもよかったと思います.何度か涙腺が決壊じがげまじだ(´;ω;`)ぶわっ

大手が配給している作品ではないようなので見られる映画館が限られているかもしれませんが,お時間のある方は是非!(´;ω;`)ぶわっ

jump to pagetop

2007年8月28日

円安/ユーロ高と弦楽器

更新情報:1件
「Study > 手話会話記述の枠組」に修正+追加.体裁を整えたのと,他の記述方法と比べてどんな特徴があるのかをまとめて追記したのと2つです.

チェロの弦が劣化して鳴りが悪くなってきたので,新しく弦を買ったんです.弦はいくつかメーカーがあってそれぞれに良いところがありますが,いつもはLarsen StringsのSoloist(普通のLarsenよりも張りのある真っ直ぐな音が特徴)とThomastik-Infeld StringsのSpirocore(柔らかめの綺麗な音が特徴)を組み合わせて使っています(この組み合わせで使ってる人は結構多いんじゃないでしょうか).汗をかきながら一生懸命取り替えたところ,「もしかして俺,うまくなった?」と勘違いするほど鳴りが良くなりました.(30分くらいそのまま弾いてたらやっぱり勘違いでした.おしい.おしい?)

と,タイトルの話に戻るというかようやく始めるわけですが,折しも円安/ユーロ高の今日この頃,値段が跳ね上がってました.普段の生活で円安を実感することなどほとんどないような気がしますが,まさかここで実感させられるとは思いもよらず.定価の7掛けで買ったにもかかわらず諭吉が2人と漱石が3人飛んでいきました.2年くらい前々では¥15,000程度だったんですが.前々から値上がりしますよというのは楽器屋さんから聞いていたのでわかってたつもりなんですけど,こんなに高くなるとは...

しばらく値下げは見込めないのでがんばって使おうと思います.これから弦を買おうと考えている方は覚悟しておいた方がよいですよ(脅してみたりして).

jump to pagetop

< 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All pages>