utilities アーカイブ

< 1  |  2  | All pages

2007年3月 4日

Texter ―テキスト置換ソフト

シンプルで実用的なツールの紹介です.

簡単な説明をすると,特定の文字列を入力した後にトリガーになるキーを押すと,あらかじめ登録しておいた文字列を自動で入力してくれるもので,感覚としては辞書に単語登録をするのに近いです.キーボードでの作業が多い方には重宝するのではないでしょうか.

たとえば私の場合,ここでサイトを紹介するときには定義リストを使って以下のように書いています.

<dl class="linklist">
<dt>リンク先の名前</dt>
<dd>URL</dd>
</dl>

毎回リストを作るのにこれを全部書くのはけっこう面倒だったりします.が,Texterを使ってこれを事前に登録しておくと,例えば「llt」と入力してEnterを押すだけでタグが自動的に入力されます.ただしふつうの辞書登録と違って非常に優れている点は,単純なテキスト置換のできるTextモードと複数のキーストロークをまとめて実行できるScriptモードの2つがあって,Scriptモードの場合,例えば「Ctrl+Sの後にAlt+F4(保存して終了)」や「Ctrl+Aの後にDel(テキスト全部削除しちゃうぞ)」などの複数の手順が必要な作業も実行できるという素敵ソフトウェアです.

テキスト入力が可能であれば場所を選ばないので,使い方によってはパスワード管理にも使えるでしょうし,署名を登録しておいてもいいでしょうし,いろいろと使い道の広がるものではないかと思います.

今の時点では少し動作に問題が残っていて,VistaではTextモードがうまく動かない場合があるようです(制作者のAdam Pashさんはがんばって直すよと言ってます).XPあたりでは問題なく動作します.それから文字コードのせいだとは思いますが,残念なことに日本語を登録して置換すると文字化けしてしまいます.

と,いくつか問題が残っているものの,充分実用に耐えるものだと思います.興味のある方は上記サイト内に紹介用のYoutube動画がありますのでそちらを見てみてください.ちょっと短いですけど,おもしろさは伝わるかなと思います.

続きを読む "Texter ―テキスト置換ソフト" »

jump to pagetop

< 1  |  2  | All pages