news アーカイブ

< 1  |  2  |  3  |  4  | All pages>

2007年7月10日

素晴らしき語義矛盾

「自主的に寄付するよう求める」

ニュースを読んでいる人たちはなぜあんなにも普通に原稿を読み上げられるのか,不思議です.歴代の社保庁長官や厚労省事務次官に賞与の返納を求めていますというニュースが昨日あたりから報道されていますね.するかしないかはどっちでもいいやと思っているので良いんですが,言葉の方がどうも.

語義矛盾だからということよりも,このフレーズの裏に「返納するのが当たり前だ」という意図が透けて見えることの方が気になります.返納したからと言って禊ぎになどなるはずがないので,返納を求めること自体には風当たりを弱めたいという消極的な意図を認めることぐらいしかできないでしょう.にも関わらず,仮に返納を拒否する人がいたらこのトピックだけがエスカレートしていくかもしれない,というのは容易に想像できます.あるいは返納したとしても,そこに「返納するのが当たり前だ」という意図があるのだとしたら,前者と同様に,システムの不備として議論していたはずの問題が,個人の資質の問題にすり替えられる瞬間が目撃できるのではないかと思います.そんなことは誰も求めていないはずなのに.

jump to pagetop

2007年7月 4日

認識の違い,際立つ

アメリカ政府で核不拡散を担当する特使を務めるジョゼフ前国務次官は、広島と長崎への原爆投下について「戦争を終結させ、結果的に多くの日本人の命を救った」と発言し、原爆投下に対する日本とアメリカの認識の違いをあらためて際立たせました。

(NHKニュース より引用)

こういう結果論だけで物事を考える輩は大嫌いです.

核兵器のような大量破壊兵器廃絶をリードするはずの日本政府閣僚から「しょうがない」なんていう発言が飛び出したことには開いた口が塞がりませんが,核不拡散の担当特使という肩書きを持つ人がこういうことを言ってしまうんだなぁと思うと,顎が外れそうです.穿った見方をすれば,「核爆弾を投下していなければ,日本が降伏するまでの間に,(民間人も含めて)さらに多くの人々を殺すつもりでした」と言っているようなものだと思いませんか.

記事中には「認識の違いを際立たせました」とありますが,詰まるところ「同じ未来を見ていないということがはっきりしました」ということだと思います.広島や長崎をはじめとして(日本政府は本気で思っているかどうか怪しいので含めない),核兵器廃絶を訴える側は「結果として多くの人が亡くなってしまったけれど,遺された我々は,未来に同じ大量虐殺が行われないような選択をしていかなければならない」と考えているはずです.でも久間さんやこの特使は「結果として多くの人が亡くなってしまったけれど,多くの人が生き残った」という認識です.言い方を変えれば,結果だけでものを考える思考停止状態であることはもちろん,被害を受けて亡くなったり後遺症に悩まされたりしている人たちの命と生き残った人たちの命との間に違いを認めているということ.でもそんな違いは認めてはならないし,そもそも違いなんてないはずです.

続きを読む "認識の違い,際立つ" »

jump to pagetop

2007年6月26日

話すときは相手を見て

今日は久しぶりにテレビをつけてニュースを見ていたのですが,安部さん阿部さん(日本の総理大臣)の,あれなんて言うんだろう定例会見ていうんですか(我ながらアホっぽい発言だ),あれを見たんですが,なんだかものすごく違和感を覚えました.

理由は簡単で,誰に向かってしゃべっているのかわからないからです.本人は「カメラの向こう側にいる国民に向かってしゃべっている」つもりなのか知りませんが,あんな感じでしゃべるんだったら記者なんていらなくて,質問を吹き込んだテープでもなんでも流せばいいんじゃないでしょうか.だって相手に向かって答えてないんですから(質問してるのはその場にいる記者であって私たちではありません).

安部さん阿部さんに限らず,TVを見ていると時々ああいうパフォーマンスをする人がいますが,そういう場合にはもれなく違和感を覚えるわけです.やりとりの行われている現場であるにもかかわらず,そういう人たちの身体は相手に向けられていなくて,やりとりが崩壊しているような印象を受けます.多分に形式的な場だろうとは思いますし,質問の内容がある程度事前にやりとりされていたりするのだろうとは推測しますが,それでも参加者のいる相互行為場面であることには違いないのですから,色気出したりしないで,安心して見ていられるやりとりをして欲しいなと思いました.

続きを読む "話すときは相手を見て" »

jump to pagetop

2007年6月24日

横領されていたものもあるそうです

年金保険料の一部を収納担当の職員が横領している事例があるとして、社会保険庁は全国の実態調査を始めた。保険料横領は発覚している分だけで2002年までに1億1000万円を超すと判明、未発覚のケースもあると見られる。社保庁は市区町村職員を調査する方針だが、同庁の地方出先機関も対象になる可能性がある。保険料横領は、払ったはずの保険料納付記録がなくなっている「消えた年金」などの一因とみられる。調査と情報公開を急ぐ必要がありそうだ。

(NIKKEI NET:主要ニュース より引用)

入力ミスによる記録漏れではなくて,記録されてはマズイから意図的にしなかった,というものがあるということですね.廃棄した台帳もそうだったんでしょうか.「開いた口がふさがらない」というのはきっとこういう時に使う言葉なのでしょう.ちゃんと仕事してないだけだと思ってたんですが,まさかここまでとは.全ての職員さんたちがそうではないんでしょうけれど,とてもやるせない気持ちでいっぱいです.社保庁が調査をすると書いてありますが常識的に考えて警察でしょう,動かなくてはならないのは.

解決なんてできるんでしょうか,この問題.

jump to pagetop

2007年6月 2日

皮肉たっぷりに

政府の知的財産戦略本部は5月31日、「知的財産推進計画2007」を正式決定した。ファイル交換ソフトによる著作物のダウンロードや、インターネットオークションにおける海賊版の出品について、違法とする方向で法整備を進めることなどが盛り込まれている。

(中略)

そのほか、ネット検索サービスで用いられるサーバーに文書や画像データが複製される問題については、著作権法上の課題を明確にして2007年度中に結論を出すとしている。

(「知財推進計画2007」正式決定、ファイル交換ソフトからの複製禁止など より引用)

ファイル交換ソフトでの話はまだわからなくもないですが,上記引用部分の下半分は,本気で「問題だ」と考えているのであれば正気の沙汰ではないと思います.国内に住んでいる人でインターネットサービスを利用している人のほぼ全てが違法行為に手を染めていることになります.つまりインターネットを全否定するようなものです.実際,GoogleやYahooのような検索サービスを提供しているところは問答無用でアウト.その上私がこうやって引用してエントリを書いている(今回は一部ですが全部のこともあります)こと自体,「文書が複製される」ことになる可能性があるわけですから,いつ逮捕されるかわかったものではありません.

違法にコンテンツが複製されることで元々の利益が発生しないどころか損害を被っているというのが根拠としてあるのでしょうけれど.こうやってガチガチに管理したところでコンテンツの売り上げが伸びるとは思えませんし,身内の不始末もまともに処理できない人たちにまともな運用ができるとも思えませんけどね.

jump to pagetop

2007年5月23日

来春開校のろう学校

国内初の「日本手話」ですべての授業を行うろう学校が、来春の開校へ向け準備を進めている。今年3月、都が国に申請した特区申請が認められた。子どもたちが自然に身につける「日本手話」を第1言語として学ぶ教育法は、ろう教育の選択肢を広げる一歩として期待されている。

(中略)

設立準備委員会事務局の長谷部倫子さんは「これまでのろう教育は健常者に近づくことが目標だった。手話を身につけることで自分に自信を持ち、言いたいことが表現できる自我を育てたい」と話している。

(国内初 日本手話で全授業、東京・品川に来春開校 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) より引用)

来春からということで今しばらく時間がかかりますが,ようやくここまで漕ぎ着けたか,と.始まってから考えなければならないこともたくさんでてくるだろうと思いますが,職員の方や先生方,そして入学する学生のみなさんにもがんばってほしいなと思います.設立準備金の寄付を募っているとのことなので,このブログを見ている方(どのくらいいらっしゃるかわかりませんが),ろう教育や言語教育に関心をお持ちの方,よろしければぜひご協力をよろしくお願いいたします.

少し話がずれますが,引用した長谷部さんの言葉は重く受け止めなければならないものだと思っています.ろう教育と語学教育,健常者と母語話者とはそれぞれ読み替えが可能なもの.同化する(させる)ことを目的としない,相手への共感から始まる言語教育が重要なのは言うまでもありません.

jump to pagetop

2007年5月20日

お酢専用ロボット

たまにはばかばかしい話題を.

(株)ビルドアップは18日、タマノイ酢(株)からの受注を受け、お酢についてのプレゼンテーションを行なう企業ロボットを開発したと発表した。このロボットは、同社エンターテインメント・ロボット技術の粋を集めるとともに、お酢の知識は世界一だという。大阪・タマノイ酢の新社屋にて7月より稼動を開始する。

(ビルドアップ、世界一お酢にくわしい“お酢専用ロボット”を開発 より引用)

上記のリンク先で紹介されているロボットですが,無駄にカッコイイフォルム.スターウォーズに出てきても違和感がなさそうです.もう少しかわいらしい外見の方が良かったんじゃないかなぁと思わないでもないですが,エンターテインメントとしてみれば1級でしょうね:-)

それはさておき,昨日は友人の結婚式第2弾でした.明治記念館での披露宴に参加してきたんですが,広いんですね,明治記念館って.あやうく迷いそうになりました.

友人はニコニコしすぎて顔がひきつっていたような気がしないでもないですが,一日がかりで本当に大変だったと思います.最初の挨拶では「2人で幸せな長編小説を書き上げてください」とのスピーチがありました.出版関係の方が多くいらっしゃっていたので色が出たんでしょうか.素敵なスピーチですね.私はと言えば,リクエストがあったのでチェロを弾いてきました.ちょっとだけ失敗したところがあるのは内緒です.

とにもかくにも,心からの祝福を!

jump to pagetop

< 1  |  2  |  3  |  4  | All pages>