« 研究ノート:日本手話会話調査場面における調査協力者の調整行動 | メイン | 中学生に音楽の楽しさを教わる »

cwRsync+Texterでらくらくファイル同期 [utilities]

cwRsyncLinuxなどではおなじみのファイル同期ツールrsyncは「同期元に存在しないファイルを削除」「更新されたファイルだけを同期」「タイムスタンプを維持」などの多くのオプションを備えていて,ネットワーク越しの同期も可能な使い勝手の良いツール.cwRsyncはこれをWindows環境でも使えるようにしたパッケージです.いつでも双方向に同期をしたいのならUnison File Synchronizerが便利ですが,場合によって使い分けたいならこちらのほうがよいと思います.

コマンドラインから使うものなので慣れていないと使いにくい(かもしれない)わけですが,「そんなときこそTexterの出番だ!」と思ったのでそれについてのエントリです.いくつかの処理をまとめて記述したバッチファイルのほうが便利と言えば便利ですけれども,たぶんTexterでも同じくらい手軽に実行できるんじゃないかなと思います.

cwRsyncのインストール

「用意するもの」に挙げたcwRsyncのサイトからインストーラをダウンロードします."Download cwRsync"をクリックするとzipファイルが落ちてくるので適当な場所に保存して解凍しましょう.解凍されたフォルダの中にインストーラが入っているので,ダブルクリックしてインストール開始です.

インストールする場所はどこでも構いません.私はCドライブ直下(C:\cwRsync)にしています.

rsync.exeにパスを通す

図1:[詳細設定]タブ 図2:環境変数の中のPathを選択 [コントロールパネル]→[システム]→[システムの詳細設定]→開いたウィンドウの"詳細設定"タブ→[環境変数]と進みます(図1).さらにもうひとつウィンドウが開くので,下半分の[システム環境変数]に表示されているPathを選択し,[編集]をクリックします(図2).ここに先ほどインストールしたcwRsyncの実行ファイルがあるフォルダまでのパス(例:C:\cwRsync\bin)を書きます.区切りの;(セミコロン)を忘れずに.

これで[ファイル名を指定して実行]やコマンドプロンプトでのrsyncの実行が可能になったはず.試しにコマンドプロンプトを起動してrsync↵と入力してみてください.↵はEnterキーです.オプションの一覧がずらっと表示されれば成功です.

rsyncの使い方

ドライブの指定は先頭に/cygdrive/を付けておく必要があって,ないと失敗します.またWindowsでフォルダの区切りに使われる\(バックスラッシュ)は使えず,/(スラッシュ)でなければなりません.たとえばDドライブにあるdocumentsフォルダをFドライブにあるbak\documentsフォルダと同期したい場合,rsync d:\documents f:\bak\documentsではだめで,rsync /cygdrive/d/documents/ /cygdrive/f/bak/documents/と書きます.

オプションは付属のドキュメントなどを見るのが確実ですが,一般的なものについて少し載せておきます.

  • -u : 更新されたファイルだけを同期
  • -v : 同期の進捗状況を表示
  • -r : 下位フォルダも同期
  • -t : ファイルのタイムスタンプを保持
  • -b : バックアップを作成(指定したディレクトリへ,もしくはサフィックスを追加)
  • -z : ファイルを圧縮して転送
  • -n : テストモード.実際の同期は行われない.
  • --delete : 同期元に存在しないファイルを削除
  • --exclude='X' : 更新にXを含めない

ちゃんと同期ができるかどうかはオプションを-rvnとして何度かテストしてみるとよいでしょう.失敗しても元のファイルに影響はでないので安心してテストできます.

Texterのhotstringsを書く

Texterでの記述例Texterは,同じく「用意するもの」に挙げたリンク先からダウンロードします.インストールが完了すると,タスクトレイにTexterのアイコンが現れているはずです.これを右クリックして"Create new hotstring"を選択すると右のようなダイアログが現れるので,キーストロークと置換後の文字列を入力します.トリガーは好きなものを.登録ができたらコマンドプロンプトを起動して同期を実行してみます.

このエントリのように同期元と同期先をいっぺんに登録するのではなくて,別々にいくつか登録しておいて使い分けるとか,"/cygdrive/%p"としておいて%pの部分だけ直接入力するようにしておくとか,いろいろやってみるともっといい使い方がみつかるかもしれません.

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL: http://dormouse.oops.jp/mtc/mt-tb.cgi/33

(スパム対策として当該エントリへのリンクが含まれないトラックバックを弾いています)

以下の一覧は、このエントリーを参照しています:  cwRsync+Texterでらくらくファイル同期

コメント (0)

コメントを投稿

(コメントは承認制をとっているため,公開されるまで時間がかかる場合があります)


画像の中に見える文字を入力してください。