« DoCoMoがGoogleと提携 | メイン | たのしいぱそこんせいかつ:デスクトップ編 »

たのしいぱそこんせいかつ:ウェブサービス編 [softwares]

新年のご挨拶もないまま半月経ってしまいましたが,本年もよろしくお願いいたします.

さて,今日からは「たのしいぱそこんせいかつ」と題しまして,普段私が愛用しているウェブサービスやらソフトウェアやらを紹介するシリーズを以下のように全5回+1の予定でお届けします.

  • ウェブサービス編(すぐに使い始められる便利なウェブサービス)
  • デスクトップ編(デスクトップを使いやすくするソフトウェア)
  • エディタ編(使い勝手のよい各種エディタ)
  • セキュリティ編(あなたのPCを保護してくれるセキュリティソフト)
  • メンテナンス編(PCのパフォーマンス向上・改善に役立つメンテナンスソフト)
  • +おまけ

すでに私にとってPCはなくてはならないものになってしまっていて,例えばないと,仕事が進まない,研究のためのデータが扱えない,撮りためたねこの写真が見られなくて禁断症状がでる,などの弊害が発生するわけですが,それはまぁいいとして(ねこ画像はよくないけれども).せっかく使うのだからできるだけ効率よく楽しく使いたいよなと常々思っていて,それが昂じて横着をするための努力は惜しまないようになりました.ここでやろうとしていることはおそらく多くのサイトで既にこころみられているはずですが,そこに自分なりのノウハウでもって参加してみようというのが狙いです.ちょっと長くなりますけれども,よろしければお付き合いください.

今回紹介するもの中にRSSというのがあって,これの予備的な話をしておきます.RSSというのは「サイトの更新情報やその要約のメタデータを構造化したもの」で,RSSリーダーを使って管理することで「どんな情報が,いつ追加されて,それはどういう内容なのか」が直接サイトを見にいかなくてもわかるようになります.ウェブ上の情報を効率よく収集するのにものすごく威力を発揮するので知っておいて損はない技術の1つだと思います.ということで本題へ.

ウェブサービスの最大の利点はOSやブラウザ,あるいはPCかモバイルかといったプラットフォームに関係なくサービスの恩恵を受けることができることだと思います.もちろん環境の整わない場所ではどうしようもないですし,突然サービスが提供されなくなったり,データが吹っ飛んだりする危険もないわけではないのですが,そういったリスクを理解してうまく付き合えればよいわけです.

Todoist
TodoistToDo管理のできるサービス.UIは非常にシンプルですが,締切の指定やカテゴリやラベルによる分類ができるなど,充分な機能を備えています.またGmailと連携してメールの本文を登録しておくこともできるので,Gmailを使っている人にとってはさらに利用価値があるでしょう.使い方やシンタックスの説明などはすべて英語なのでとっつきにくいかもしれませんがそれほど難しくはないだろうと思います.お金を払うとプレミアムになってリマインダ機能やラベルごとのリスト表示機能などが使えるようになります.
Pipes
PipesYahoo!が提供するウェブサービス.ウェブ上にある任意のRSSを組み合わせて1つのRSSを作ることができるもの.例えば複数のサイトが配信しているRSSの中から「Yahoo」という単語を含む情報だけを抽出して受信する,といったことができます.使い方が分かりづらいのが難点ですが,すでに公開されているカスタムRSSがたくさんあるのでその中から選ぶもよし,使い方を解説しているサイトを見て勉強するもよし,とりあえず使ってみるとよいところが分かってくるかと思われます.
Googl Reader
Googleの提供するオンラインのRSSリーダー.各サイトで配信されているRSSを登録すると,定期的に巡回して新着情報があるかどうかをチェックしてくれます.またいくつか登録していくと,関係のありそうなRSSをピックアップしてくれます.RSSリーダーを提供しているところとしてはgoo,livedoor,はてな,Yahooなど.使い勝手はどれもそんなに変わらないような気がするので普段自分がよく利用しているところのものを使うとよいでしょう.
Google ノートブック
ウェブ上でメモをとることのできるツール.ブラウザと連携することで今見ているページをまるごと取り込んでメモをつけたり,考えていることをアウトプットしてためておく場所として利用したり,いろいろな使い方ができるサービスです.スクリーンショットをみると分かるように,私は研究の覚書や後で確認したいことを一時的に放り込んでおく場所として使っています.
Google アラート
任意の語句を登録しておくと,Googleの検索結果上位に新しい結果が現れた場合にそれを知らせてくれます.最初は気になる語句をどんどん追加していけばよいと思います.しばらくすると,それぞれの語句について今どんなことが話題になっているのか,どの程度情報が頻繁に更新されているのかという情報分析のリソースはもちろん,自分がどのジャンルに興味を持っているのかという自己分析のリソースにもなるメタな視点も提供してくれるようになります.
MINDOMO
マインドマップを作ることのできるサービス.前にも書いたことのあるサービスかもしれませんが,再掲しておきます.マインドマップは自分の考えていることを相互に関連付けて体系的に把握するときに非常に役立つ方法論です.これは紙に書いて考えてもいいし,専用のソフトウェアを導入してもいいわけですが,MINDOMOはウェブサービスである点を活かして,距離や時間を問わずにマインドマップ(あるいは問題)を共有することができるのが強みだと思います.

次回はデスクトップ編.ちょっとした機能でデスクトップを使いやすくしてくれるものを紹介します.

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL: http://dormouse.oops.jp/mtc/mt-tb.cgi/47

(スパム対策として当該エントリへのリンクが含まれないトラックバックを弾いています)

以下の一覧は、このエントリーを参照しています:  たのしいぱそこんせいかつ:ウェブサービス編

コメント (0)

コメントを投稿

(コメントは承認制をとっているため,公開されるまで時間がかかる場合があります)


画像の中に見える文字を入力してください。