« 月にサッカー場を作ろう | メイン | タグ情報が吹っ飛びました »

プラネタリウムの思い出 [weblogs]

世界最多の1000万個の星を投影できるプラネタリウムが千葉市中央区の官民複合施設「きぼーる」内に完成、20日のオープンを前に16日、完成記念式典が行われた。
施設の目玉となる千葉市科学館に併設されたプラネタリウムは最新の技術を導入、従来のプラネタリウムでは投影が困難だった天の川の暗黒星雲のような暗い星もリアルに再現できるという。

(NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース-内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで より引用)

stars数日前に友人から話をきいていて,いつできるのかなぁといろいろ探していたら見つけましたよ.実際に外に出て,首が痛くなるまで空を見上げたり,寝っ転がってぼーっと空を見上げたりしている方が本当は好きなのですけれど,都市部に住んでいるとなかなかそういう訳にもいかないですからね.たまには椅子にゆったりと座って,いろんな解説を聞きながらプラネタリウムで星を見るというのもいいものです.

プラネタリウムというと小さい頃,地元の児童科学館(だったかな)にあったそれに行ったのが最初だったかな.叔母がそこで働いていたので,少しズルをしていろいろ見せてもらっていたような記憶があります.数百年先の夜空は星の配置が違っていたり,色も変わっていたり,不思議でたまらなかったのを思い出します.まぁ,今ではほとんどの内容を忘れてしまったのですけれどね:-p

でも,子供には少し大きめの赤茶色の椅子に座り,照明がだんだん落ちていって全部が暗闇に溶けた後,円い天井に星がフワーっと浮かび上がっていくあの時の光景は今でも鮮明に覚えています.

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL: http://dormouse.oops.jp/mtc/mt-tb.cgi/63

(スパム対策として当該エントリへのリンクが含まれないトラックバックを弾いています)

以下の一覧は、このエントリーを参照しています:  プラネタリウムの思い出

コメント (0)

コメントを投稿

(コメントは承認制をとっているため,公開されるまで時間がかかる場合があります)


画像の中に見える文字を入力してください。