« 政局に触れてみようか | メイン | 固形ラード »

IBM: BSLの翻訳システムを開発 [news]

米IBMは9月12日、話し言葉を自動的にブリティッシュ手話(British Sign Language、BSL)に翻訳するシステム「SiSi(Say It Sign It)」を開発したと発表した。SiSiが訳した手話は、「アバター」が表現する。
音声認識モジュールが話し言葉をテキストに変換し、SiSiが手話に翻訳、アバターの動きに転換するという仕組みだ。
手話で話すアバターは、PCやテレビ、会議室のディスプレイなどのコーナーに表示され、ユーザーは表示サイズやアバターの外見を設定することができるという。
手話をするアバターと特殊な動作をアニメーション化する技術は、イーストアングリア大学の開発、手話のデータベースはRoyal National Institute for Deaf People(RNID)の開発によるもの。SiSiはIBMの世界的な学生インターンプログラム「Extreme Blue」の一環として、IBM Hursleyのリサーチチームにより英国で開発されている。

(IBM、話し言葉を手話に翻訳するシステムを開発 - ITmedia News より引用)

実物,見てみたいですね.「アバターが表現する」とある訳ですがNMSなんかはどう表現されるのか,微妙なニュアンスなどがどう解釈されて表現されるのか,それらを総合した利用者の満足度や実用場面での感想などなど,システムの評価自体も大いに気になるところです.それぞれの手話言語ごとに異なる部分はあるはずなので日本手話の場合にはまた別のシステムが必要にはなってくるのだと思いますが,海外の研究論文などを見ていると共通する部分はけして少なくないようにみえるので,流用できる(というか共有できる,かな)部分は案外多いのではないかという気がしています.

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL: http://dormouse.oops.jp/mtc/mt-tb.cgi/69

(スパム対策として当該エントリへのリンクが含まれないトラックバックを弾いています)

以下の一覧は、このエントリーを参照しています:  IBM: BSLの翻訳システムを開発

コメント (0)

コメントを投稿

(コメントは承認制をとっているため,公開されるまで時間がかかる場合があります)


画像の中に見える文字を入力してください。