« 私のちいさなピアニスト | メイン | 台風一過 »

それはふっかけ過ぎなのでは [news]

フォティーンフォティ技術研究所は3日、ファイル交換ソフト「Winny」のネットワークにおいて、指定した任意ファイルの発信者IPアドレスを特定し、情報漏洩が発生した際の事後対策を支援するためのツール「WinnyRader」を発売した。
(中略)
WinnyRaderでIPアドレスを把握した情報漏洩の当事者(企業)は、ISPなどに連絡し、指定したファイルを保持するユーザーにファイルを削除してもらうよう依頼することなどが可能となる。同社では、Winnyネットワークで発生した情報漏洩の事後処理や経過観察に有効としている。
WinnyRaderの提供形態は、自社の情報漏洩対策などに利用できるエンドユーザー用の「WinnyRader End User Edition」と、第三者に情報漏洩の事後対策コンサルティングを行なうサービス事業者用の「WinnyRader Service Provider Edition」がある。料金は、ともに500万円。

「Internet Watch - Winny流出ファイルの保有IPアドレスを特定、情報漏洩の事後対策ツール」より引用

他に競合する業者がいないからなんでしょうけれど,いくらなんでもファイル保持者にISP経由で削除依頼するのを補助することができる(あるいはそれしかできない)ソフトウェアの料金が500万円というのはふっかけ過ぎだと思います.記事を読む限りでは十全な機能が備わっているとはとても思えないシロモノです.

  • ファイルサイズやハッシュはどうとでも変えられるのでファイルの特定が完全に成功するとは思えない
  • また,流出そのものを止められるわけではないので情報統制の決定打になるわけではない=つまりWinny対策足り得ない
  • ということは「どのくらいひろまっちゃったかなぁ」というのを眺めるだけのものになるのではないか
  • そもそもこのソフトウェアが稼働しているクライアントのIPアドレスを弾かれたら手も足もでないのではないですかね.ファイアウォールはとっても優秀です.
  • そういえば通信の秘密はどうなるのでしょうか
  • だいたい,こんなソフトウェアを導入しなければならないような企業は信用できるのか

などなどの疑問が残るわけです.最後のは蛇足ですが.まぁ,実際のところどうなのかはわかりませんけどもね.

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL: http://dormouse.oops.jp/mtc/mt-tb.cgi/72

(スパム対策として当該エントリへのリンクが含まれないトラックバックを弾いています)

以下の一覧は、このエントリーを参照しています:  それはふっかけ過ぎなのでは

コメント (0)

コメントを投稿

(コメントは承認制をとっているため,公開されるまで時間がかかる場合があります)


画像の中に見える文字を入力してください。