« 先行研究レビュー | メイン | 脱皮とマーガリン »

千葉大学はファシズムを実現できるか [weblogs]

ついでに、学生証にも印刷されている「つねにより高きものをめざして」も押しつけないでください。
それは「特定の人」の「思想」です。

(重大な発表:千葉大学の自転車問題あらため古財ファシズム劇場」より引用)

今日,千葉大学で行われたイベントにからんで投稿されたエントリから.私もそう思います.

数日前から学内のそこかしこに「学長からみなさんへの大切な発表があります」というでかい看板が出ていて,無駄な予算を使うのはやめて欲しいなぁと友人と話していたのですが,当日になって実際のところなんだったのかというと,以下のようなことだったらしいです.

だったらしいというのは,上の方から音だけ聴いていて実際にその場に居合わせたわけではないから.実際のところどうだったのかというのはトラックバック先で知りました.行ってたらいたたまれなかったんじゃないかと想像するわけですが,酷い話です.千葉大学では昨年度の後半から,構内での自転車利用に課金されるようになりました.¥500ですから金額は大した負担ではありませんが,それが決定されるまでのプロセスが気に入りません(詳細についてはトラックバック先の「千葉大学の自転車問題改め古在ファシズム劇場」で追うことができます).

学長は今までに学生との接点を持とうとする姿勢をわりと積極的に見せていて,今回はボランティアの学生からなるSPまでいたそうですが,「宣言」イベントを経由するとその理由がよくわかります.学生SPはきっと親衛隊なんでしょう.つまり,対話のために接点を持とうとしていたわけではないようです.今回の「宣言」は,これまでの一連の流れに位置づけて捉えるべきで,主導している(またそれに賛同している)人達が自覚しているかどうかはともかく,ファシズムのヴァラエティであるのは間違いないと思っています.

とりあえずは全力で笑いとばしてやろうと思うわけですが,その後はどうするか.

トラックバック (2)

このエントリーのトラックバックURL: http://dormouse.oops.jp/mtc/mt-tb.cgi/90

(スパム対策として当該エントリへのリンクが含まれないトラックバックを弾いています)

以下の一覧は、このエントリーを参照しています:  千葉大学はファシズムを実現できるか

コメント (0)

コメントを投稿

(コメントは承認制をとっているため,公開されるまで時間がかかる場合があります)


画像の中に見える文字を入力してください。