« Marie Antoinette | メイン | Windows Vista:よくなったよ編 »

Windows Vista:気をつけてね編 [softwares]

最近ニュースを見ると米朝会議の文字が頻繁に出てきますが,見かけるたびに落語の桂米朝師匠を思い浮かべてしまう日々です.彼の落語くらい笑いのあふれる会議だったらばぜひとも公開していただきたいものですが.
(あいさつ)

さてさて,1月30日に発売されたWindows Vista,1月末に手に入れてはいたもののやらなければならないことがたまっていたので今までお預けだったのですが,一段落したのでインストールしてみました.今回は使ってみて私の思ったところを「気をつけてね編」としてお送りいたします.

Vistaは2000以来のメジャーバージョンアップ(XPはマイナーバージョンアップでした)です.とりあえずざっと触ってみた感じではだいぶユーザーインターフェースが変わってます.便利になった点ももちろんありますけど,今までのUIに慣れていると戸惑うことが多いのではないでしょうかね.特にエクスプローラのメニュー([編集]とか[ツール]とかがあったところです)がデフォルトで非表示になっているのはどうかと思いました.Altキー押下で表示させることはできるし,他の表現で補完されてはいるもののUIの基本って「見えないことはできないこと」だと思うんです.だからUIについてはあまり評価してません.ウィンドウの透過や3Dデスクトップは確かに美しいんですが,表現手段のことなのでUIの改善にはあまり貢献してないと思いました.おしい.

それとメモリの使用量が爆発的に増加してます.家電店などでは1GBが快適な動作の期待できるメモリだといってましたが,1GBでもちょっと重いプログラムを動かしたら不安定になりそうな感じがします.家のPCは2GB積んでいてさすがにフリーズすることはありませんが,4コか5コくらいウィンドウを開くとあっという間に800~900MB消費してしまいます.消費量は積んでるメモリの量にもよるので一概にはいえないとは思いますが,ちょっと多すぎる気がしました.新規購入を検討する時にはメモリがどれくらい積んであるのかしっかり確認することをおすすめします.デスクトップを買うなら2GBまで増設してもいいと思います.ただメモリはむちゃくちゃ高いのでやたらと増設できないのが痛いところですが.

後はソフトウェアの対応がまだ充分ではないので,自分のよく使うソフトウェアがVista対応を宣言しているかどうか確認する必要があります.XPが出たときにも同じような混乱が起きていたような気がしますね.FirefoxやiTunesなど,近いうちに正式対応することを明言しているものはいいのですが,たとえばあるフリーウェアを使っているけれどすでに開発が止まっていてVista対応の予定がそもそもないなど,場合によっては乗り換えを検討する必要があるかもしれません.私の場合は使っていたファイラがブリーフケースを開こうとするとフリーズするようになりました.リッピングソフトが正常に動作しなくなりました.困ってます.

以上,3点ほど気になるところをあげてみました.といってもそれだけではないので,次は「よくなったよ編」を書こうと思います.

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL: http://dormouse.oops.jp/mtc/mt-tb.cgi/139

(スパム対策として当該エントリへのリンクが含まれないトラックバックを弾いています)

以下の一覧は、このエントリーを参照しています:  Windows Vista:気をつけてね編

コメント (0)

コメントを投稿

(コメントは承認制をとっているため,公開されるまで時間がかかる場合があります)


画像の中に見える文字を入力してください。