« ゲーム内の経済活動は課税対象か | メイン | we use language as necessary »

Winny開発者に有罪判決 [news]

金子氏は当時Winnyにより著作権侵害となるファイルが広くやりとりされていることを認識しており、こうしたソフトの提供が公然と行なえることではないことも知りながら、Winnyの開発・公開を続けており、こうした行為は独善的かつ無責任であり、批判されるべきものと指摘。自身のWebページなどで、著作権侵害を行なわないように呼び掛けていたことなどを考慮しても、金子氏の行為は幇助にあたるとして、罰金刑が相当であると結論付け、罰金150万円の有罪判決を言い渡した。

有罪判決の理由が上記のようなものであれば,HDD製造者,CD-Rなどのメディア製造者,あるいはインターネット接続業者も著作権侵害の幇助で有罪にならなければおかしいはずです.そこのところ,裁判長はどう考えるんでしょうか.それにWinnyでなくとも違法なファイルはいくらでもウェブ上に転がっています.匿名性の高い方法でそれらをダウンロードする手段もいくらでもあります.それについてはどう考えているのでしょうか.NPO法人「ソフトウェア技術者連盟」は今回の判決を「不当判決」ととらえていますが,私も上記のような理由から不当判決だと思います.少なくとも議論が尽くされた状態で出された結論であるとは認められません.

まだ地裁の段階ですから今後は高裁,最高裁まで争うことになると思います.それまでに充分な議論がされることを望みます.このままでは今までと何も変わらないですからね.

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL: http://dormouse.oops.jp/mtc/mt-tb.cgi/149

(スパム対策として当該エントリへのリンクが含まれないトラックバックを弾いています)

以下の一覧は、このエントリーを参照しています:  Winny開発者に有罪判決

コメント (0)

コメントを投稿

(コメントは承認制をとっているため,公開されるまで時間がかかる場合があります)


画像の中に見える文字を入力してください。