« 検索サーバー:国内に設置 実現へ著作権法改正方針 | メイン | Winny開発者に有罪判決 »

ゲーム内の経済活動は課税対象か [news]

「仮想」資産に課税といわれても.小さい頃にままごとなんかで作った紙のお金に課税されるみたいでまったくピンときません.「正気ですか?」と訊きたくなるのだけは確かですが.

記事によれば,オンラインゲーム内の資産譲渡などが課税対象になるかどうか,どころの話ではなくて実際に課税するつもりで話をしているそうです.ゲーム内の通貨を実世界での通貨(円とかドルとか)に換金するというのが行われていたり(本当は禁止されてますけど)はしますが,そういった行為が行われたどうかとは関係なく.

「最終的には利益が生じたのかどうかが焦点になる」と述べられていますが,結局のところ時間でしか計れないんじゃないかなと思います.つまり,ヴァーチャルな世界での利益を得るのに「費やした時間」を,プレイヤーが実世界で経済活動を行った場合に「生じたはずの利益」に変換するということです.オンラインゲームはおそらく,これから先どんどんメジャーになっていくジャンルなのでしょうし新しい市場として発展していく可能性はあるわけですが,その方向での方策を考えた方がいいんじゃないかなと思います.わざわざゲーム人口を減らすようなことをしてどうするのですか.

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL: http://dormouse.oops.jp/mtc/mt-tb.cgi/150

(スパム対策として当該エントリへのリンクが含まれないトラックバックを弾いています)

以下の一覧は、このエントリーを参照しています:  ゲーム内の経済活動は課税対象か

コメント (0)

コメントを投稿

(コメントは承認制をとっているため,公開されるまで時間がかかる場合があります)


画像の中に見える文字を入力してください。