2012年8月13日

ハンブルグに来ています [research]

先週の5日からDGS-Korpusのサマースクールに参加するためにハンブルグに来ています.今は現地時間で8月13日の14:47.先月末に行っていたスウェーデンほどではないにしても,かなり日が長くてよ22:00くらいまでは日が沈みません.そりゃサマータイムも意味があるわなと変な実感をしながら生活してます.

サマースクールは今週末までの2週間コースですが,すでに終わった1週間の内容を振り返ってみただけでもものすごくよく錬られたサマースクールになっていると感じています.HamNoSysによる記述方法をはじめ,データ収録のノウハウやデータ収録にあたって生じる可能性がある倫理問題とその対処など,かなり詰め込まれてはいますがコーパス言語学とはなんぞやというところから丁寧に説明してくれるので,コースを一通り受ければ自分のプロジェクトを始めるためのとっかかりを見つけることができるものになっています.今週はAnnotation,Data analysis,Project Designというコア部分の講義が続き,盛りだくさんな感じ.新しい参加者もたくさん来ていて盛況です.

ひとまず近況のメモということで.

jump to pagetop

2012年8月 1日

ISGS 5th at Lund, Sweden [research]

いつの間にか今年が半分どこかに飛んで行ってしまった気がしていますが,7月末にスウェーデンのルンドで開催されたISGSに参加してきました.今年はThe Communicative Body in Developmentがテーマになっていて,そのあたりの発表が多かったようです.タイムテーブルの関係もあってすべてを聞きに行くことはできませんでしたが,各国・各地域の手話言語に関する発表も多く登録されていて,海外でも活発に研究されていることがわかりました.

私自身はと言えば,Proposal of New Transcription Scheme for Sign Language Utterances in Interactionというタイトルで発表してきました.相変わらず手話の記述手法についての話ですが,一番のポイントは"in interaction"というところ.Kendonの提唱したGesture phaseの概念を援用しながら,相互行為場面では当たり前のように観察できる言いよどみや発話の中断といった現象を記述することの重要性を考えてまとめたものです.私の後がまったく同じコンセプトで手話の発話を記述することを考えている方(サンパウロ大学のLeland McCleary氏)で,お互いにびっくりしつつ,やっぱりこれだよねといいながら連絡先の交換などして盛り上がりました.地球の真裏と一気につながるとは思いもしていなかったので今回一番興奮したのはこれでした.

開催地になっていたルンド市はさすが北欧だなという気候で,日中の日差しがむちゃくちゃに強いことを除けばとにかく過ごしやすく,学会抜きで一度ゆっくり遊びに行きたいなと思えるところでした.ちょうど現地のみなさんはVacationの最中だったようで,日中のけっこう早い時間からお酒を飲んでおしゃべりしている人たちがたくさんいました.サマータイムだったこともあるのかな?町中を歩いていると,アメリカで日本語を勉強したことがあるよという人に話しかけられたり,日本人の観光客と一緒に写真を撮るというチャレンジをしている謎のオリエンテーション中の人たちがいたり,なかなか楽しいところでした.

開催校のルンド大学は創立が1666年と歴史のある大学.建物は古いけれどもよく手入れされていて綺麗なところでした.すぐ近くには大きなカテドラルがあって,中で涼んでいる人やコンサートのリハーサルをしている人たちで賑わって(?)いました.

撮ってきた写真いくつか
Lund University
Lunds domkyrka
カテドラルで合唱の練習中
Lundでの夜.これで22:00過ぎ.
MEATという名前のレストラン

jump to pagetop

2011年10月23日

ブログのモテキ [weblogs]

このブログはどのエントリも基本的に閑古鳥が鳴いていますが,スパムコメントが定期的に70-80件くらい寄せられます.前回は去年の8月くらいで79件,今回は74件でした.もっと前は100件超えてたこともあったかなぁ.毎回当たり障りのないが故にまったく意味がないコメントが英語で残されていくわけですが,世には急に異性にもてるようになるモテキなるものがあるらしいですね.モテキなんでしょうかね,ブログの.あるのかそんなの.

jump to pagetop

2011年10月 6日

論文掲載 [papers]

昨年から取り掛かっていた論文の掲載が決定しました.社会言語科学の特集「相互作用のマルチモーダル分析」に2本です.

  • 坊農真弓, 菊地浩平, 大塚和弘. (印刷中) 手話会話における表現モダリティの継続性. 社会言語科学. 14(1). 社会言語科学会. (査読有)
  • 菊地浩平. (印刷中) 二者間の手話会話での順番交替における視線移動の分析. 社会言語科学. 14(1). 社会言語科学会. (査読有)

いずれも定性的記述を主眼にしていて,これまでに多かった定量分析や文法研究とは違ったアプローチをとっています.1つめの論文は手形保持が会話の連鎖構造の中でどのように用いられているかを議論したもの.2つめの論文は,博論で書ききれなかった視線に関する議論を引っ張り出して,かなりこまかく,しつこく,ねちっこくした感じ.いずれも手話の会話分析研究としては,たぶん世界的にみても初の試みだと思います(などと少し自慢を織り交ぜつつ).よかったよかったと胸をなで下ろしながら,次の論文に取りかかろうかと思います.

続きを読む "論文掲載" »

jump to pagetop

2011年10月 5日

2011年前半の研究発表 [papers]

追加するのをだいぶサボってしまったので,まとめて4件の情報を追加.いずれ分割します.

  • 菊地浩平, 坊農真弓, 大塚和弘. 手話会話における修復組織の分析. 電子情報通信学会技術研究報告. HCS2010-69. (2011-03) (2011.3, ウェルシーズン浜名湖)
  • 菊地浩平, 坊農真弓, 中西英之, 黒田和宏, 河野純大. テレプレゼンスシステムを利用した手話・音声会話場面での視線一致の分析. 第61回 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会. (2011.3, 東京大学) (東日本大震災の影響により発表は2011年7月@北九州大学に振替)
  • 菊地浩平, 坊農真弓. 遠隔通信環境下での手話コミュニケーションの分析. 第25回 社会言語科学会研究大会. 社会言語科学会. (2010.3, 慶応大学)
  • 坊農真弓, 菊地浩平. 手話会話分析のための書き起こし手法構築. 第25回 社会言語科学会研究大会. 社会言語科学会. (2010.3, 慶応大学)

jump to pagetop

2011年6月13日

手話会話のデータセッション [workshop]

6月12日(日)は科研の研究会におよばれして京都へ.湿気がかなりきつかったのと準備不足で直前までスライドを作っていたせいでだいぶ体力を削られました... なぜだか人がやたら多かったのは修学旅行かなにかのシーズンだったからでしょうか.

話題提供の内容は,手話「会話」の記述と分析という趣旨.おそらく世界初の試みだと思いますが,手話会話の映像データと文字化資料を使って,データセッションをさせてもらいました.文字化資料というところが大事で,会話の中で「参与者の中の誰が」「どのタイミングで」「どんな振る舞いを(e.g. 発話の産出開始・終了,うなずき,首振り)」「どのように」しているのかをつかみだして議論の俎上に載せるには,どうしても必要なもの.最近ボスと一緒に進めている仕事の中でも一番気を遣ってきたところです.参加メンバーがそもそも手話について一定の知識を持っていて,なおかつ会話分析にもなじみがあるという背景が大きいとはいえ,活発な議論ができ楽しい時間となりました.まだまだ「順番交替が1回起きている」「1つの順番内での修復が起きているといった」だ短い断片を検討することしかできないなど,いくつかの新しい課題も見えてきた一方で,具体的に相互行為の内容にまで突っ込んだ議論ができる段階にきたかなという確かな手応えがあったのが,今回の一番大きな収穫です.今後はデータセッションの機会をつくりながら,少しずつ視野を広げていくことが研究進展の課題になるかな.さて,がんばろう.

jump to pagetop

2011年6月 7日

時間はうまく使いたい [memorandum]

アノテーションのスクリーンショットなにかの標語みたいなタイトルになってしまった... 今週はミーティング2件の他,申請書が2件(うち1件はほぼ手つかず),授業が1件,研究会で出張が1件,なんだかもうよくわかりません.睡眠を削るといろいろとクオリティが下がるので,移動時間はご飯の時間です.トイレでご飯になってないのでまだ大丈夫なはず.

週末の研究会では手話発話のアノテーション・トランスクリプション作成の関連で発表予定.データセッションが可能な程度にまで文字化資料を作り込めるかどうかが大事です.目標は会話データ1分 × 2.レイヤを増やしすぎたかもしれないと少し後悔しましたが,よく考えたら分析のために必要な情報を絞り込んだ結果残ったものでした.削れませんね.集中して時間を使おうと思います.

jump to pagetop

2011年6月 3日

言語政策学会 緊急研究報告会 [workshop]

先日の5月29日,言語政策学会の緊急研究報告会が新宿の麗澤大学サテライトキャンパスで開催されました.2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け,災害時に情報弱者となりうる在日外国人や聴覚障害者の人々にたいする情報提供のあり方を考えるという主旨で,登壇者の方々それぞれに関わった事例や調査などの報告をしていました.私も同僚のSさんの紹介でろう者の方にインタビューをすることができ,わかったこと,考えたことなどを,以下のような概要でお話しさせていただきました.

今回の震災で,情報提供・保障という点で1つ大きな出来事だったのは,政府会見に手話通訳者が配置されるようになったこと.インタビューで応えてくれた人たちをはじめ,多くのろう者にとっては手話通訳の品質は充分なものではなく,まだまだ改善が必要なのは間違いありませんが,とにかく「公的な言語サービスの中に日本手話が含まれるようになった」という点で非常に大きな一歩だろうと思います.

一方,不充分だった情報保障に対してろう者が情報弱者の立場に甘んじていたかというとまったくそんなことはなくて,DNNの立ち上げ,Twitterでのつぶやきを契機とした動画配信サービスを利用した独自の手話通訳動画像配信への関与,職場や客宅での情報共有・交換といった様々な形での自助・相互扶助が行われていたことがインタビューで語られました.つまり不充分な情報提供という言語問題が立ち現れた時に,問題意識を共有することによって,言語問題への調整が実施されていたわけです.このとき,きわめて広い範囲で問題を共有し,スピーディに対応することが,ソーシャルメディアやウェブサービスによって可能だったのだろうと思います.

政府ないしは言語政策機関がイニシアティブを取って言語サービスを展開するのはあるべき情報保障の形として追求されてしかるべきですが,そういった縦のつながりの充実だけでなく,今回多くのろう者や手話コミュニティの人々が可能にした横のつながりを強化する・サポートすることを考えてもよいはずです.このあたりは,今後の(政策・研究両面での)課題として検討していかなければならないでしょう.私のできることもここにはあるはずなので,継続して考えていきたいと思います.

jump to pagetop

2011年5月 5日

横浜中華街に行ってきた [weblogs]

連休最後の5月5日は,しばし仕事を忘れて横浜中華街へ遊びに行ってきました.中学校の頃の修学旅行以来,こちらに来てからは初めてまともに歩き回りましたが,各所にある門の内側と外側とではまったく雰囲気が違うのに驚きました.内側には単に人いきれではない独特の熱気がありますね.外に出て呼び込みなどしている店員さんしかり,注文をとって回っている食堂のおねいさんしかり,裏路地に入ったところの小さいお土産屋さんにさえも妙な熱を感じます.歩き回っていても人にうんざりするということがなかったのが新鮮でした.

「昼ご飯を食べに入ったお店で,つい大皿を3品も頼む」「豚まん(通常の肉まんの3倍の大きさ)とフカヒレシュウマイ(むちゃくちゃ熱い)を同時に買ってしまう」などの食メインで散策したところ,おなかいっぱいでだいぶ苦しかったです.

食べ過ぎてうんうん言いながらも,山下公園から港の見える丘公園にかけてバラ園などに立ち寄りながら歩き回り,すっかり足がくたびれたところでシーバスに乗って横浜駅へ.帰りの電車は空いていて座って帰ってこられましたが,ほとんど寝ていた気がします(気がついたら船橋だった).明日からまた日常に戻って,いつも通りの生活をがんばろうと思います.

撮ってきた写真いくつか
横浜中華街 朝陽門
梅蘭のやきそば
横浜山下公園の氷川丸
港の見える丘公園 (入り口付近)
シーバス (横浜山下公園から)

jump to pagetop

2011年4月22日

文字化規則の改訂作業 [research]

以前作った手話会話の文字化資料と映像データとを見比べながら,もう少し厳密な文字化の仕方はないものかと試行錯誤中です.Kinesicsみたいな動作ごとの記号による記述や機能分析がしたいわけでは無く,手話会話の中で用いられる表現を動作レベルで書き起こすことが目的なので汎用性の高いものが必要だなと考えています.例えば前の箇所と比べて手指動作が速く/遅くなっている区間はどう書くべきか,瞬間的な速度増をどう書くべきか,動作が中断されている箇所はどう書くべきか,考えてみるといろいろと追加・修正しなければならないものがかなりあります.

今更ながらJeffersonの仕事は偉大だったなとかみしめる次第.プリンシプル(を目指してひとつのシステム)を作るというのは本当に大変な作業です.

jump to pagetop